2018/01/12

May your days be happy 2018 / Later half


20171230 sat 「赤岳〜横岳〜硫黄岳縦走」

昨夜の痛飲もありナンガ1000に包まれてぐっすりと熟睡できた朝。
テン場最奥地は静寂を極め夜明け前から行動する登山者達の物音も遠い。
「そろそろ起きたら?」kumiちょに起こされ、眠い目をこする・・・

氷点下10℃か15℃か分からぬが、厳冬の朝をここで迎えられた幸せを感じる。
テントシューズのままテントから這い出して凛とした欣快なる朝を味わう。
予想通り高気圧に覆われた八ヶ岳は朝から紺碧の下に僕たちを案内してくれた。

大半の入山者が行動を始めた頃に熱い麺類をすする僕達であった(笑
タカちゃんも準備万端整い僕たちは午前8時半に赤岳鉱泉を出発した(遅!
朝一で入山してきた和ちゃん達はdaiちゃんテントの側に巨大テントを設営していた。

2018/01/04

May your days be happy 2018 / First half


20171229 fri - 31 sun 「入山日の再会と下山日の再会」

年末恒例の赤岳鉱泉。去年は浮気して北八ヶ岳に入山したので一年空いたことになる。
全国各地から山より宴な仲間たちが集まってくる年末の八ヶ岳。
入山日も下山日もバラバラであるが顔を合わせれば宴が始まる素敵な空間。

登るルートだってバリエーションやノーマルルートなど様々。
ベクトルの違いだってある。冬山の楽しみ方だって十人十色なのだ。
近い考え方の者同士が一緒に登る。それは至極自然な流れである。

僕たちの登頂および縦走予定日は天気予報も良さそうである。
東京のタカちゃんと諏訪南のコンビニで集合して美濃戸口へ向かった。
美濃戸口から赤岳山荘までは凍結箇所もありタイヤチェーンは必須の時期である。

2017/12/25

Takarazuka Half Marathon Race


20171223 sat 第13回  宝塚ハーフマラソン大会

去年、なんとか辛うじてゴールできた「あまがすきハーフマラソン」から一年が過ぎた。
ろくに練習もしないで挑んだレースは案の定ボコボコにヤラレタ感じだった。
マラソンの神様に一から出直してこい!と言われた気分だった・・・

そして今年の上半期は悲しいかなボロボロの状態だった・・・
病み上がりから復活を目指してナイトラン頑張ったよなぁ・・・
そしてやっとこさリベンジの日がやってきた。宝塚ハーフマラソン大会。

だがスタートするまではペースを抑え気味で今年は歩かずに走りきってゴールしよう!
という保守的で安全パイ的な思考だった。でもスタートしたら考えは一変した。
アドレナリンが溢れ出し、サブツーせなあかんやろ! と、目の色が変わった!


2017/12/18

winter solstice


2017 December 「冬至の頃の四方山話」

12月23日の宝塚ハーフマラソン大会のゼッケンが届いた。
いよいよ待ちに待った日がやってくる。
レースは違うが去年のリベンジレースになるのは間違いない。
今年は病に倒れ尿管ステント野郎を経験し、その後なんとか復活した。

ジョギングを再開し、ナベちゃん師匠に教わりながらスキルアップを続けた。
やがてジョギングという言葉は使わず、ランニングと言うようになった。
ホント、久しぶりにストイックに自分を追い込む日が続いた(でも週2くらいね・・・

少しづつ距離を伸ばして走れるようになってきた。
15kmまでなら速度のコントロールもできるようになってきた。
ポンコツなりに5分30秒/km~6分30秒/kmまで随時アップダウンできる。
もちろんGARMIN253Jのお陰だけどね~。

2017/12/03

Silent Scene


20171124 fri - 26 sun 「静穏なる初冬の八ヶ岳」

久しぶりに4連休という大型連休を確保できた週末。
初日の木曜日は母が入所する施設にkumiちょと見舞いに行く。
とても健康そうに快活に会話をするのだが辻褄の合わない話ばかり・・・

過去と現在が入り乱れ空想という香辛料が振りかけられたストーリーなのだ。
笑ったかと思えば涙を見せる。そうかと思えば怒りの表情に溢れる。
なんともシュールな母親の日常に長時間滞在することはあまりに辛い・・・

金曜日の朝に久しぶりの八ヶ岳に向けて車を走らせる。当初は立山の予定だった。
だが低気圧の通過で天気は荒れ模様のようだ。表層雪崩も頻発していた。
風が強いと室堂〜美女平間の高原バスはあっけなく不通になってしまう。

そうなると黒部ダム経由で扇沢へ下山となる。 マイカーは立山だ・・・
どうやって帰るのだ・・・確率的にも天候的にもリスクが多すぎる・・・
そして北アルプスも考えたのだが、安易に晴天率の高い八ヶ岳をチョイスした。

2017/11/22

My Home ground


20171119 sun 六甲山テーブルロック

寒い朝、そろそろ布団から出るのが辛い季節になってきましたね・・・
布団の温もりに決別してベッドから起き上がる根性が低い僕です(笑
仲間との山行予定なら無問題なのだが夫婦だと起床遭難が増える冬・・・

過去にはガッツリとテント泊の準備をしながら起床遭難で中止なんてこともあったなぁ(汗
毎年、初冬の頃は「またやっちまったなぁ」的な事件が時々・・・
そんなこんなで久しぶりの登山は地元の六甲山への入山となった。

芦有ドライブウェイの芦屋料金所を入ったところの駐車場に車を停める。
通行料金は不要で一日駐車して520円なのでお気楽に入山できるポイント♬
もちろん遅い朝! まったりと入山開始なのですよ(笑


2017/11/18

Disease boast


2017 November 「病気自慢の会話が増えてきた今日この頃」

尿管結石の後もあれやこれやと痛い症状が現れる・・・
まずは座骨神経痛を発症し右側臀部痛と足先の痺れ・・・
神経の痛みに処方される「リリカ」という薬なのだが、
とても効く!のだが量が多いと眠気でフラフラになり仕事など一切できない。
最初に処方されたリリカ75mgを服用した日は昼まで仕事ができなかった。
今はリリカ25mgを朝晩に服用しながら痛みや痺れと戦っている・・・


最近では左手の人差し指の先だけが痺れている。
神経内科受診では脳梗塞等の重篤な傾向は無いとの診断。
CT検査も必要無さそうだといわれた。抹消神経障害の疑いがあるとの診断。
メコバラミン500mgを処方された。
これは末梢神経を修復するためのビタミンB12系の治療薬。

2017/10/27

Wondering Tokyo


20171007 sat 「人生初のもんじゃ焼きと浅草寺」

そもそもはタカちゃん&ミユキちゃん夫婦が大阪に来てくれた時の話が始まりだった。
粉もん文化は大阪が日本一だと考える僕は、ソバなどが入る広島焼きなど論外だった。
ましてやしっかり形にならない「もんじゃ焼き」など食わず嫌いのど真ん中だった。

それに小さな小さなコテのようなヘラで食う食文化が大阪人としてNGだった。
否定するつもりは更々無いが自分の生活の中で敢えて肯定する気も無かった。
大きなコテで直接口に運ぶのがスタンダードなお好み焼き文化である。

お好み焼きのカットは格子切りにするのが関西では常識である。
ピザ切りにする関東人を見かけた日には目眩すら覚えるDNAなのだよ(笑
だが、そこはジェントルな僕だ。月島に乗り込もうじゃないか!

2017/10/17

on a cloud !


20171008 sun - 09 mon 「谷川岳・トマノ耳&オキノ耳」下山日

久しぶりの小屋泊の朝を迎えた。しかも避難小屋ではなく有人小屋である。
当然ながら夜明け前から多様の音が安眠を邪魔してくれる。
それもありきでの小屋泊が大前提なのだが、神経質な者にはやはり辛い時間なのだ。

だが僕も若い時に比べれば図太くたくましい精神構造になったのだと感じる。
逆に僕が音源(イビキ等)なっていることも考慮し相殺的な発想が生まれるのだろう。
そして何より今も昔も一番に飛び出してご来光を!って発想が微塵もないんだよ。

その辺りは多分、タカちゃんもミユキちゃんもkumiちょも近い感性なのだろう。
小屋泊の中で僕たち4名は最も遅い朝食をとりまったりと出発したのだから(笑
今日は天神尾根で下山するだけ。高所での非日常を十分満喫して心に刻むのだよ♬

2017/10/12

The Call for Faraway Mountain


20171008 sun - 09 mon 「谷川岳・トマノ耳&オキノ耳」入山日

大阪で育ち大阪で生活する僕にとって谷川連峰は遥か彼方の憧れの山域である。
新田次郎や佐瀬稔の小説を筆頭に数多の山岳小説に登場する谷川岳は特別な場所になっていた。
「魔の山」「 人食い山」「死の山」と呼ばれ800名以上の尊い命を奪った山である。

ヒマラヤにある8000m峰14座の死者数を遥かに凌駕する事実は驚愕ですらある。
 但しそれは一ノ倉沢などの岩壁の登攀からの滑落が大半である。
もっと言えば昭和のアルパインクライミングブームの中での事故が圧倒している。

僕はクライマーでは無いし、一ノ倉沢をリードで攀じる行為を想像すらしたことは無い。
ただ大好きな小説の一場面に自分を投影するが為にこの地を訪れたかったのかもしれない。
そんなチャンスを作ってくれたタカちゃん&ミユキちゃん夫婦には深く感謝します。